サッカー専門SNS「Joga.com」のご紹介

ワールドカップ2006

今年行われたサッカーのワールドカップは第18回ドイツ大会。32チームを8グループに分けてグループリーグ、各上位2グループが決勝トーナメントに進出という方式の中、日本はFグループで上位になれずにとっても残念な結果になってしまいました。この日本のワールドカップ惨敗ともいえる結果を受けて次にきたのは当然、ジーコ監督への批判でしたね。

サッカーはエキサイティングなゲームだから。いや、よく知らないけど。ただ素人ながら思うに、サッカーの反則に、相手に唾をかける、なんてものがあるくらいだもの、相当頭はホットになってしまうと思うのね。ましてワールドカップという大舞台ならば。そこをいかにクールに緻密に、攻撃から守備、守備から攻撃と切り替え早くシャープに展開するのかがサッカーの醍醐味となるなら、当然、監督の采配というのは重要視されると思うわけです。

ジーコ監督が至らなかったかどうか。それはわたしにはわからないことだけども。ジーコ氏後任のオシム氏が、新たに日本代表監督として唐突に取り上げられるようになり。「オシムジャパン!」でかき消すように、ワールドカップ2006の話題が消失していったように感じられました。



サッカー専門SNS「Joga.com」のご紹介

ワールドカップは盛り上がった

ワールドカップといえば、サッカー。しかし今年は、サッカーのワールドカップに先んじて開催された、野球のワールドカップ、これに日本国中熱狂的に燃え上りましたね。ここで日本が勝ってしまったものだから、さあ、次はサッカーだと期待感が膨れ上がり。イチロー選手のリーダーシップを見習うべきかと、中田選手の孤高さが取り上げられたりと。こういう時に、みんなニッポン、好きなのねと「愛国心」を感じたりしましたが。

サッカーのワールドカップも確かに盛り上がったようです。ようです、というのは、相変わらず非地球人のわたしでありますから、当然放映を観ることなく。ええ。もちろん、野球のワールドカップも観てませんでしたけども。

職場やネットで、「今日はワールドカップで、××と試合だ!!」と威勢良くきき。その度に「ああ、今日試合なんだー、明日はどうだったか結果がきけるわね」って眺めていましたら、翌日を迎えるとしーん・・・誰も語らないワールドカップの話題。ま、負けたのね。。。あるいは引き分けか? このワールドカップの試合のある当日の周りの人の興奮ぶりと翌日の沈痛な面持ち。このギャップが非常に印象的で、ちょっと胸が痛くなったりしました。



Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。